宮本武蔵の五輪書は現代の投資やビジネスや防犯などで有効な方法が得れる

五輪書は投資やビジネスなどの成功哲学書でもある

五輪書(ごりんのしょ)とは、宮本武蔵が著作した代表的な兵法書であり、
剣術の奥義をまとめたと言われている。

しかし五輪書は剣術にとまらずに、現代の投資やビジネスや防犯などの、
基本的な戦術に通じると私、城神YUは思っている。

なぜなら宮本武蔵は多勢(大企業)に対して、無勢(個人事業主)が
勝てた実績があるからだ。今のように友達と群れると決断が鈍るのだ。

また五輪書は宮本武蔵が死亡する直前の約2年で著されたという、
今の「歳を取ったから何も出来ない」という屁タレと比べても、凄い。

なお二刀流は日本刀が重たく実用的ではないというのもいるが、
武蔵が持ったのは木だし、今の防犯技術なら、軽量化できるだろ。

二刀の小刀は手裏剣として、犯罪者に目くらまし出来る。これは
身体弱者に対し、警棒や防犯空気銃の所持を解禁するべきだ。

↓そんなに重そうには見えないが?

日本人の体型などを考えない、外国や他流派は役立たずだ。
例えば成功者が外国のパソコンを勧めるが、外国製は高電圧
なので、日本のインフラと合わなく、火災する危険もある。

またノートPCのパッドも使いづらい。日本製は省エネであり、
ハードウエアも細かく設計されているので、五輪書のように、
数多くの他流や外国の雑さが補完されていて、優れている。

五輪書の概要

五輪書は【地・水・火・風・空】の五巻に分かれる。

地の巻
自身の生涯や、兵法のあらましが書かれている。
→城神流の解釈だと「地頭の強さや地を学ばぬ者は馬鹿」などである。

水の巻
自流の心の持ち方や、実際の剣術に関することが書かれている。
→城神流の解釈だと「TVのように情ではなく冷静に理で考えろ」などである。

火の巻
戦いについて書かれ、個人vs個人や集団vs集団の戦いも同じとある。
→城神流の解釈だと「侵略すること火のごとくで早くやれ」などである。

風の巻
他派批判による優位性や、昔風・今風・家風などのことが書かれている。
→城神流の解釈だと「個性と差別化こそ商売でも強い」などである。

 いざという時のために接近戦も修行する必要もあるので槍は駄目で、
 小太刀や柔道は接近戦のみなので、二天一流こそ一番優れている。
 しかし今は市民への跳弾被害も防げる、銃剣道こそ一番優れている。

空の巻
静かな中に動を探るという、兵法の本質の「空」が書かれている。
→城神流の解釈だと「レンジ相場でのタイミングを計れ」などである。

現代の左翼などが言う「現代は情報は無料の時代」や「外国製は安値で良い」や、学校教育や出版物の間違いも見ずに、情報商材は高価だからと詐欺扱いするのは、正確な情報が得られなく、ビジネスや投資や人生などでも、大損する結果もありえる

安値な物は良い物?百均の黒いバンダナは水に浸すと染料が流れ出すし、スマホの三脚は数回利用で壊れた。情報を軽く思うと、投資で大損するぞ。

続き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です