神武天皇やその後の九代の天皇までや聖徳太子はいなく卑弥呼は大和朝廷の先祖という嘘

従来や現在でもネットでも「神武天皇やその後の九代の天皇までや聖徳太子はいなかった!」や「卑弥呼は大和朝廷の先祖!」という文献などの証拠無き特亜な嘘が出回っている。

これは神武天皇が存在しない事や卑弥呼が先祖という事は、現在の女系天皇を認めさせる事で左翼や周辺国の乗っ取り行為かもしれない。

「神武天皇やその後の九代の天皇まではいなかった」という説は欠史八代という。

ネット左翼などが言い張る非実在説の主な理由は「神武天皇などの寿命が古事記では137歳で日本書紀では127歳と長寿すぎる!」だ。

しかし支那の魏志倭人伝で「その俗正歳四節を知らず。ただ春耕秋収を計って年紀と為す」とある。要するに半年で1歳とカウントされたのだ。そうなると各天皇の寿命は60歳代となり不自然ではない。

そして旧約聖書のアダムなんて930歳だろうが。また神武天皇が考えられないような奇跡を起こしているので存在しないというが、その程度の奇跡なら少し大袈裟に言っただけな可能性もあるが、キリストや釈迦や高句麗王(朝鮮)のチュモンの方が存在を疑うような奇跡を起こしているではないか。

また九代天皇までは資料などの証拠が無いともいうが、時代的に倭国大乱や豪族の反乱や大化の改新などの動乱があり文字の導入だって苦労した時期だろ。欧州の聖書だって朝鮮の歴史書だって資料があるのは11世紀くらいからだろ。まだ日本の方が昔からある。そういうと中国の方があるというが、以下で述べるが支那は歴史の記録が不正確だ。

古事記は神話で信用できないというが、外国は聖書だって信じまくっているだろうが。そもそも今の米国民の半数近くは天動説を信じているらしいし、JFK暗殺は政府がやった陰謀説もJFKは南朝鮮のベトナム戦争参戦提案を拒否したので朝鮮人が信じさせている。JFKは赤狩りをしたりリベラルではないので人気があったのだろう。

また卑弥呼は大和朝廷の先祖だというが、これも証拠が無い。そもそも卑弥呼を記録した魏志倭人伝で、支那の使節は北九州までは行っているが邪馬台国までは行っていないのだ。

要するに支那や欧米の南京大虐殺事実説も他の人から聞いた不正確な又聞きだ。日本兵の証言といってもその日本兵は現地にいなかっただろ。その日本兵が証言している動画を見ると、支那風(支那好き)な部屋だったり喫煙しながら証言してた。

だが魏志倭人伝には対馬は日本の領土とある。支那の尖閣自国領主張と同じ資料で竹島と対馬は韓国領という南朝鮮も、慰安婦問題など自称慰安婦と南朝鮮のマスコミの証言が食い違うなど嘘だらけだ。

支那の歴史検証能力は、江戸時代の支那の歴史書である明史日本伝に「織田信長は関白であり薩摩国の下人の秀吉に明智成敗を命じたが明智に殺された」と記されている程度だ。要するに欧米も支那も朝鮮も日本より歴史を知らないのだ。

また聖徳太子の非存在説も証拠が無い。存在説は文献などの物証がある。最近没後に聖徳太子という名前で名づけられたので、当時の厩戸皇子で良いだろうという主張があった。

しかし天皇陛下だって追号だ。また徳川家康だって徳川は朝廷での正式な氏名ではなく源家康だが、それを現代の歴史教科書で使おうとは言わないだろ。

更に夫婦別姓論者の教授らは「北条政子は別氏」という。だが北条は氏ではなく平氏だ。だいたい正式に北条などと名乗っている訳ないだろ。昔と明治以降は制度が違う。

要するに結婚しても妻は氏は変わらず、嫁ぎ先の名字に変わるだけの夫婦別氏だ。なので妻は自分の実家の氏神様を少しは祀った方が幸福になるかもしれない。嫁ぎ先の一家の在住地などで名字を決めたのだから、男尊女卑でもなんでもない。名字は商家の屋号と同様に、その一家の個性だ。

またネット左翼などは「蘇我や藤原は元々朝鮮人」などとまで言い出す。これは蘇我は聖徳太子や当時の天皇などの母方の出身の家で藤原も以降同様なので、桓武天皇の母が韓国人だと言い張るのと同様で、韓国は日本の兄だとしたいのだろう。

しかし蘇我の氏祖は孝元天皇の後裔の武内宿禰だ。また藤原(中臣)の始祖は日本神話に登場する神の天児屋命(あめのこやねのみこと)だ。江戸時代までは天皇家と藤原家の婚姻が大多数だったので、伝統からして女系天皇は間違いだ。

ごく稀なケースとして桓武天皇の母の高野新笠は百済武寧王の子孫という説があるが、身分が低すぎて皇后になれなく、父の和乙継の位階・官職は不明だ。また朝鮮側の資料に武寧王の子の王子の存在が確認できないので、武寧王の子孫か疑問もある。

また百済の王子の没後と桓武天皇の母とは約200年の開きがあり、新参の百済渡来人ではなくどちらかといえば始皇帝の子孫の秦氏みたいな古い帰化人で不明すぎる。ちなみに朝鮮人は秦氏が日本に亡命しようとしたら妨害した。

また百済は滅ぼした側の新羅と連合した支那の資料でも滅亡し、今の南朝鮮ではない。仏教を日本へ伝えたのは百済であり、仏教を弾圧したのは初代韓国大統領の本家である李氏朝鮮王だ。日本では他にも大名や多くの身分が低い者が、証拠不明で百済王の子孫だと自称する例は多くあった。

そもそも徳川家康が源氏かも不明だ。三河守になる時は藤原氏を名乗っていた。世界の中で一番血統が分かるのは天皇家であり、他は不明だ。

そのくせ神武天皇や聖徳太子に対しては非存在説を言い出すくせに、自分たちの国の神や偉人に対しては不明なくせに堂々と押し付ける。十字軍がイスラム教徒を弾圧した歴史からして、豊臣秀吉は危機感を持ったのかもしれない。その日本侵略を拒否したのが秀吉のキリスト教禁止令だ。

秀吉は海賊禁止令も出し、海賊倭寇は支那・朝鮮のナリスマシだと朝鮮王朝側の資料でも分かる。欧州がその頃も日本と目と鼻の先なフィリピンも侵略していたので、秀吉は支那や朝鮮も欧州の侵略を防ごうとしたのだろう。琉球も軍隊がなく、薩摩が欧州の侵略を防ぐために保護した。支那など昔から欧州列強の侵略や治安維持に対して何もしないではないか。

李氏朝鮮も高麗も王族の名前からして、先祖が支那人かモンゴル人か満州人かもしれない。支那や朝鮮の王朝というのは前王族などを処刑や暗殺しまくってしまうので、先祖など分からなくなる。

日本も蘇我をというが蘇我入鹿は聖徳太子の子供を殺した。源義経が安徳天皇(上皇)を殺したというが無理心中したのは支那と貿易をした平清盛の妻だ。

現代では鎌倉時代開始は実力的に1185年と改めるというが、他の幕府は将軍宣下の年だし徳川家康だって秀吉没後に大名への遺産相続ですぐに豊臣家の所領を減らして徳川の実力を圧倒的にしただろ。

豊臣の蔵入地220万石っていうのは徳川みたいに250万石を支配していた訳ではなく、他の大名の土地で税金を取っていただけなので豊臣政権は土地をさほど持っていなかったので朝鮮出兵もしょうがない。

源頼朝の平家追討はクーデターだともいうが、後白河法皇を幽閉し源氏に平家追討の命令をした後白河法皇の王子を殺したのは平清盛ではないか。源頼朝が源義経や奥州藤原氏も征討しなければ、元寇で日本は支那・朝鮮に侵略されていた。

このように日本の天皇家や琉球の王にもなった清和源氏や豊臣氏などは正当な理由で戦ったが、反対勢力は自分の欲による侵略だったのだ。

元々支那初の統一国家を作ったのは始皇帝の日本に亡命した秦氏であり、新羅を開いたのは神武天皇の兄や琉球王は清和源氏だという資料などの証拠はある。今の支那・朝鮮人が古代のそれらの民族かの資料などの証拠は無い。

左翼な教師やマスコミや支那・朝鮮人らは、昔からこのように証拠も無く日本は中国・韓国の弟分だと言い張ってきた。しかしDNA的にも日本人は古モンゴロイドの縄文人の顔の彫が深い欧米人みたいな顔なDNAがあり、支那・朝鮮人にはなくあるのは新モンゴロイドの弥生人の平面顔なDNAだ。

今こそ主観ではなく科学的な手法で歴史だけではなく、原発や豊洲などの経済や科学的にしょうがなく、太陽光発電や築地ブランドなどの不経済・非科学的な文学脳はやめるべきだ。今の原発事故を起こした原発を作ったのも反原発派と外国だから…戦後はリベラルという間違った始祖の設計から、今も不具合が続いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です