昔ながらの健康の常識を信じると大損をする▼

過激?慎重?これがトランプ就任演説全文だ
http://toyokeizai.net/articles/-/154827

そしてトランプ氏はTPP脱退を表明した。マスコミは国際経済にとってマイナスだと言うが、EU離脱のギリシャのようなお荷物状態からして、ドイツのように負担が増えるので脱退は良い傾向だ。

また国際化しすぎると環境破壊が進む。最近の世界各国の政権が保守に返り咲きしている状況からして、時代は国際化ではなく、国再化なのだ。今までの国際化ファシズムのせいで国や文化は潰されてきた。これからは再び国の文化を再建する時代なのだ。

ともかく戦後リベラル社会の常識というのは政治以外でも間違っていた事が多い。ナチスが禁煙をしたからと言って戦後はタバコマフィアがはびこった。ナチスが嫌いなら高速道路も乗るな!と思う。そのくせ喫煙者は馬鹿な暴走族が多い。

トランプ氏は酒もタバコもやらない。優秀なビジネスマンならそうなる。今日の朝日新聞ではトランプ氏は有権者と握手が苦手で潔癖症といっていた。しかし米国の平均寿命は短い。トランプ氏みたいに高齢だが、ちゃんと健康管理が出来ている者ほど幸せだという見本が出てくる時代であるべきだ。

安倍首相の時も高値なカツカレーを食べてたというが、新聞社の食堂の牛カレーの方が高い。しかもこの頃は生豚肉を食べる韓流なブームが起きていた。これは食中毒を起こして危険だ。この対策は政治家などの有名人が、他の料理法の方がうまいと宣伝しないといけないのだ。

トランプ氏も公衆衛生上、もういい加減に握手は止めた方が良いと警告しているのであろう。ちなみに米国では商売では素手で料理をしてはいけない。日本もいい加減にもっと公衆衛生を考える時期だ。医療費の税金負担が大きく、こういう予防医療をもっと宣伝するべきなのだ。

ちなみに昔から「馬鹿は風邪をひかない」とお笑い番組などでいうが逆だ。馬鹿ほど健康管理をせずに風邪をひきまわりに迷惑をかける。馬鹿とは仕事をしない方が良いし、馬鹿な客は客だと思わない方が良い。馬鹿な大企業などの客というのは、最初は儲かりそうな話をし最後はタダ働きさせる。

馬鹿な大企業の客ほど豪華な本社などを買うが、数年で損をするような売り方をしたりリストラする。防犯も一応TVなどが薦めている役に立たない防犯をしているが、現実に伴わず面倒くさがって通行証などを発行しない。

今の大企業というのは役人同様に考えが古い。トランプタワーのようなタワーマンションで民間の本当に優秀な保守派の個人個人のプロの自営業者が、城のような防犯マンション要塞を作った方が安全なのだ。

豊洲などの環境基準値というのも厳しすぎであり、これや福島原発問題でも専門家と言われる環境学者というのは、医学を知らない。しかし医学者は経済を知らない。これもプロで融通が利く保守派の自営業者でないと対応できない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です